あの人、あの時、あの人時

ano hito、ano toki、ano hitoki...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

佳樹本之282頁開始。

彼(TAIJI)の激しい言葉は、ときには仲間の心を深く傷つけた。
「Violence In Jealousy Tour」の最中だった。
北海道公演を終えたその翌日、
HIDEはYOSHIKIを朝の6時に起こしファミリーレストランへ誘うと、
こういった。
「YOSHIKI、俺はもうTAIJIとはやっていけないよ」
HIDEがふざけてじゃれ付いたことに怒ったTAIJIがHIDEを罵倒したのだという。
機嫌が悪ければステージ上でふてくされ、
ベースを弾く手を止めてしまうことも許せないと、
HIDEはいった。
努めてTAIJIとHIDEの間に入り緊張を解こうとしたYOSHIKIは、
「XにはTAIJIが必要なんだ」とHIDEに話した。
YOSHIKI自身もTAIJIとは何度も揉めていたが、
それでもTAIJIをメンバーとして受け止めていた。
そんなYOSHIKIがついに彼を切り捨てる決心を固める。
年末が迫る頃、YOSHIKIとの誓いをTAIJIが破っていたことが分かったのだ。
ベーシストとしてのTAIJIを好きでいても、
ルールを破った彼は人として信頼できない。
YOSHIKIの決意は揺るがなかった。
誰にも相談しないままTAIJIにクビを告げることにしたのである。
91年12月31日、Xは「第42回NHK紅白歌合戦」に出場し、
そのステージで「Silent Jealousy」を披露した。
。。。。。。(略)
紅白歌合戦後、YOSHIKIはメンバーとともに目黒鹿鳴館で行われていた恒例のカウントダウンライブに合流した。
ステージに上がってファンへの挨拶をし、
演奏を終えると彼はすぐに外に出た。
そこから電話をかけ鹿鳴館の楽屋にいたTAIJIを呼び出したのである。
場所は恵比寿のバーだった。
目の前に座ったTAIJIにたった一言、
YOSHIKIはこう告げていた。
「クビだ」
「どういうこと?」
TAIJIはYOSHIKIの言葉を理解できない。
「Xはもう、お前とは一緒にできないんだよ」
「どうして?」
「だから、そういうことだよ」
YOSHIKIは理由を告げずともTAIJI本人がそれを分かっていると知っていた。
YOSHIKIが本気であることをTAIJIは悟ったようだった。
「他のメンバーは、ここでYOSHIKIが俺にクビをいい渡していることを知っているのか?」
「誰も知らない」
「突然そんなこといって、YOSHIKIはおかしいんだよ」
YOSHIKIの声は、低く震えていた。
「俺の気持ちは変わらない」
TAIJIは、こう切り返した。
「東京ドーム3DAYSはどうするんだよ」
「そんなこと、今は考えてない」
「考えてないっていったって、5日後に東京ドームがあるんだよ」
「このあと考えるよ」
そういって店を出たYOSHIKIは再び鹿鳴館に帰っていった。
。。。。。。(略)
後面描述了一下在countdown live的暴走。
再後面就是描述了YOSHIKI如何如何喜歡TAIJI。
再再後面我還沒看下去。
啊哈哈哈哈。笑瘋了。

以上。
posted at 23:24 | 乱翻譯 | TB(0) | CM(0)

icon1 この記事に対するコメント


icon1 この記事に対するコメントの投稿
















icon1 この記事に対するトラックバック

ico2 Road Of Love

ico2 unlearned man

丸Q

Author:丸Q
お名前: chiaki67/kiyoaki67/Q ちゃん
性別: 迷
誕生日: 平成元年2月27日
血液型: A型
出没地: 魔都
趣味: 観察
好き: Ra:IN、hide with spread beaver、ムック、黒夢、X、L'Arc~en~Ciel...


CP:
hide x pata
yukke x tatsu
hyde x tetsuya
kiyoharu x hitoki
(其實什麽CP都看。雷雷更健康!)

所謂拜金MONEY Orz。
其實是敗金。
愛好廣泛。不成大器。

格言:money money, be my honey!

たまねぎっす。
廿六組のメンバー。
レモン星月半族。
鬼哭狼嚎小劇場。
YYYY製作組。
以上。

QQ: 418999149
MSN: secretlouise@hotmail.com
有愛請加。

ico2 空虚な部屋
ico2 junk story
ico2 tell me
ico2 hi ho

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。